読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

macOS SierraにOpenCV 2.4系を導入する

macOSOpenCVの環境を整えたかったので導入手順をメモ。

動作環境

項目 バージョン
OS macOS Sierra 10.12.1
homebrew 1.1.1
Python 2.7.10

OpenCVの導入

今回はHomebrewで導入する。

$ brew update
$ brew install -v cmake
$ brew tap homebrew/science
$ brew install opencv
#####省略##### 
please run:
  mkdir -p /Users/ユーザー名/Library/Python/2.7/lib/python/site-packages
  echo 'import site; site.addsitedir("/usr/local/lib/python2.7/site-packages")' >> /Users/ユーザー名/Library/Python/2.7/lib/python/site-packages/homebrew.pth
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/opencv/2.4.13.1: 277 files, 35.5M

以上で導入完了。
デフォルトでは/usr/local/Cellar/opencv/ディレクトリにインストールされる。

環境変数の設定

OpenCVインストール時に出力されたコメントの通り、以下の環境変数を任意の場所(.bashrcbash_profileなど)に設定し、sourceコマンド(再起動でも可)でパスを反映させる。

export PYTHONPATH="/usr/local/lib/python2.7/site-packages/:$PYTHONPATH"

無事にインストールできたかどうかをPythonの対話モードで確認。

$ python
>>> import cv2
>>> cv2.__version__
'2.4.13.1'

環境変数を設定していないと以下のようなエラーが発生する。

$ python
>>> import cv2
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
ImportError: No module named cv2

動作確認

動作確認のため、Pythonで書いたCannyエッジのサンプルコードを動かしてみる。

import cv2
 
src_img = cv2.imread('Lenna.png')
canny_img = cv2.Canny(src_img,100,200)

cv2.imshow('src',src_img) 
cv2.imshow('canny',canny_img)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

実行結果

左が入力画像で、右がCannyエッジ処理の結果。
無事に動作していることが確認できた。

参考リンク

MacにOpenCVをインストールする方法 - Qiita