2014/09/15 BRADIO ~Swipe Times tour 2014~×UNCHAIN “N.E.W.S.” Release Joint Tour @阿倍野ROCK TOWN

2014/09/15 BRADIO

2014年09月15日

あべのROCK TOWNで行われた『~Swipe Times tour 2014~×UNCHAIN “N.E.W.S.”

Release Joint Tour BRADIO/UNCHAIN/Shiggy Jr./ビレッジマンズストア』のライブレポートです。

 

 毎年フェスやラジオ・音楽番組をきっかけに新しいバンドに出会って好きな音楽を更新しているのですが、今年新たにハマったバンドの一つがBRADIO。

 某音楽番組で『Golden Liar』と『Take Me Higher』が取り上げられていたのをきっかけにCDを購入してかなりツボにはまったのでその勢いでLIVEへ行ってきました。


BRADIO-Take Me Higher (OFFICIAL LYRIC VIDEO ...

 会場は阿倍野ROCKTOWN。この規模(キャパ300人)のライブハウスはかなり久々でインディーズのバンドを見る機会もあまりないので色んな意味で楽しみにしていました。
 冒頭に書いた通り目当てはBRADIOですが、この日は他にUNCHAIN、Shiggy Jr.、ビレッジマンズストアの計4バンドが出ていました。
 今回は目当てのBRADIOを中心にレポートしてみます。(セトリは分かる範囲で書いてるのでご了承を)
 

・ビレッジマンズストア

 2003年結成、赤いスーツが印象的な名古屋を中心に活動するロックバンド。The KnackのMy Sharonaのビートとともにメンバーが登場し演奏が始まる。

 どの曲もガレージ色の強いストレートなロックンロールで純粋にカッコ良かった。ボーカルのキャラクターも強くてMCでも笑いが起こってたり。

水野ギィ「今日はBRADIOのレコ初ということで、僕達ビレッジマンズストアが、BRADIOのこと大好きだからこのレコ初を盛大に盛大に邪魔しに来ました!よろしくおねがいします!!」

水野ギィ「俺たちバンドマンが死ぬ瞬間って知ってますか?...教えてあげましょう。LIVE以外全部です。俺達は30分で死にます。どういうことかって?俺がわずか30分生きれる場所を君たちの最高の笑顔で埋めてくれて本当にありがとうってこと。」

 ロックンロールを愛する若者はよく喋るようで。そしてなぜか心に響く。

 


【PV】逃げてくあの娘にゃ聴こえない ビレッジマンズストア - YouTube

 逃げてくあの娘にゃ聴こえない』のギターが耳からはなれない日が数週間続きました。

 

【SET LIST】

01. セブン

02. 夢の中ではない

03. 逃げてくあの娘にゃ聴こえない

04. 地獄のメロディ

05. 眠れぬ夜は自分のせい

06. 変身

 

・Shiggy Jr.

 都内で活動中の4人組ポップバンド。先ほどのアツいステージとは打って変わって、ポップでキュートでユルい空気がステージから流れていました。MCも衣装もゆる~くて、メンバーが緊張して喋れないのをボーカルの池田さんがカバーしたりする場面も有ありました。

 そのユルさと楽曲のポップさがいい感じにマッチしていて、ラストの『LISTEN TO THE MUSIC』〜『Saturday night to Sunday morning』のダブルパンチを受け終わった後にはすっかり虜になってしまいました。LIVEが終わって次の日にCD二枚を購入して聴いてみると、LIVEで聴いた楽曲だけ不思議なぐらいにこの日の映像が頭に浮かんできて。


Shiggy Jr. / Saturday night to Sunday morning - YouTube

 ポップミュージックの"キャッチーさ"とか"わかりやすさ"ってこういう時に生きてくるんだなぁーと改めて感じました。

 

 

【SET LIST】

01. oh yeah!!

02. summer time

03. baby I love you

04. dance floor

05. LISTEN TO THE MUSIC

06. Saturday night to Sunday morning

 

UNCHAIN

 京都府京丹後市出身の4人組ロックバンド。この日出演のバンドの中では知名度もキャリアの長さも一番になるんじゃないでしょうか。

 私自身『UNCHAIN』という名前はもちろん知っていますが、「CDを買ってじっくり聞く」ということはまだやっていないので、UNCHAINの音楽に触れるのは今回のLIVEがほぼ初めてになりました。


UNCHAIN / Spin My Head - YouTube

 途中に機材トラブルがあってステージに3人しかいない場面もありましたが、グルーヴィーでハネたサウンドがかっこよくて...初めて聴く曲が殆どだったのにどの楽曲もノりやすくてとても楽しめました。おいおいCD集めていこうと思います。

 

・BRADIO

 2010年結成の4人組バンド。SEともにバンドメンバーが登場し、最後にボーカルの真行寺さんが登場。身体もアフロも想像していた何倍も大きくて自分だけでなく回りが笑いに包まれてました。圧倒的存在感。『Golden Liar』MVの2倍ぐらいのアフロだったと思う。冗談抜きで。


BRADIO - Golden Liar (OFFICIAL VIDEO) - YouTube

 「Ladies and gentlemen!! Funky Party People!?!?」とか「パーティタイムの始まりだっ!!!」の掛け声がダサく感じないボーカルの存在感とルックスは奇跡的だと思う。

 かき鳴らす音楽や演奏の素晴らしさはもちろんですが、演奏しながらボーカル・ギター・ベースが揃ってステップを踏んだり、最後の『Overnight Superstar』では手を回す振り付けがあったり...そして何度も言ってますがボーカルのルックスとファルセット。

 『日常に彩りを加えるエンターテインメント』をコンセプトに結成されたというのがよくわかるステージングで、エンターテイメントとしてもとても楽しめました。いつか彼らがビッグになる日を楽しみにしながらこれからも応援し続けようと思います。


BRADIO-Overnight Superstar(OFFICIAL VIDEO ...

 

【SET LIST】

01. ハートビートを打ち鳴らせ

02. Take Me Higher

03. Golden Liar

04. 真夏の悪魔

05. ダイナマイト

06. Overnight Superstar

07. Tonight! Tonight! Tonight! -決戦は今夜-

 

まとめ

 この規模のライブハウスでインディーズバンドを中心とした対バンを見るのはほぼ初めてでしたが、実際に参加してみてこうしたインディーズバンドにハマる人の気持がよくわかった一日でした。まだ世間に知られてないバンドでも素晴らしいステージ・音楽を届けてくれるバンドはたくさんいますし、なによりメンバーとの距離が近い。LIVE中はもちろんですが、LIVEが終わった後に物販へ行くとメンバーがグッズを手売りしてますからね...。簡単にメンバーに話しかけたりサインを貰える空間が広がってるのは少し驚きました。

 というわけで、音楽的な出会い以外にも貴重な経験をできて本当に良い一日でした。どのバンドも次に生で見る日が待ち遠しいです。