読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

【付録レビュー】週刊アスキー 2014年 8/12増刊号『くるくるパッチン週アス特製スマータブル防水ポーチ』

2014-07-08 20.59.35

iOS機器の弱点の一つである防水非対応。

そういったデメリットを補う製品として様々なメーカーから防水ポーチが発売されていますが、今回は2014年7月7日に発売された週刊アスキーの付録『スマータブル防水ポーチ』を紹介します。

 

 

2014-07-08 21.35.27

開封するとこんな感じ。

赤いバンドが特徴的ですね。

今回のポーチはiPad miniをはじめとする8インチまでのタブレットが入るとのことなので、まずはiPad miniを入れてみることにします。

2014-07-08 22.46.04

まず初めに上の口から手持ちのタブレットを入れます。

 

2014-07-08 22.48.43

中の空気をしっかり出して裏返し、タブレットのサイズに合わせて上からくるくると折りたたみます。

 

2014-07-08 22.51.07

タブレットのサイズに合わせて折り終わったら表に戻して...

 

2014-07-08 22.49.15

最後に留め具を繋げて完成。

このような仕組みになっているので、スマートフォンもピッタリしまうことができます。

 

2014-07-08 22.54.15

iPhone 5sを入れるとこんな感じ。

留め具を持ち手にすることもできます。

 

好きなところ

この防水ポーチの一番の特徴はスマホタブレット(8インチまで)兼用だということ。

タブレットに対応した防水ポーチはなかなか無いので、こういったポーチが雑誌の付録で手に入るというのはコストパフォーマンスの面でも素晴らしいと思います。

もう一つは安心感。

今回の防水ポーチは口の部分がしっかり作られているので、ジップロックや100円ショップで販売されている防水ポーチよりも安心感があります。

 

2014-07-08 23.02.06

上の写真のようにチャック部分が二重になっています。

ここからさらにクルクルと折りたたむので防水の心配はしなくても大丈夫でしょう。

 

残念なところ

残念なのは裏側の素材。

2014-07-11 13.42.50

表の素材と違って裏側がマットな素材になっているので...

 

2014-07-11 13.48.22

カメラアプリを起動しても画面は真っ白に...。

表裏を逆に入れるとカメラはクリアに映るのですが、そうしてしまうと操作画面が少し見えづらくなってしまいます。(細かい字を読んだりしないのであれば問題なく使えます)

あとひとつ気になったのが、Nexus7のサイズだと左右に余りができてしまうので使いにくいような気もします。手元にないので試せませんが。

 

まとめ

お風呂で大活躍の防水ポーチですが、これからの季節は川や海遊びでも活躍すると思うので、気になった方はお早めにコンビニや書店でチェックしてみてください!

突然の雨対策としてかばんに入れておくのもいいかもしれませんね。