読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

2013/10/08 coldrain "THE REVELATION TOUR 2013" ONE MAN SHOWS @BIG CAT

Live Music

2013/10/08 coldrain

2013年10月08日

BIG CATで行われた『coldrain "THE REVELATION TOUR 2013" ONE MAN SHOWS』のレポートです。

 

 

coldrainのLIVEは今回が初めて。

アルバム『THE REVELATION』の先行応募に当選したので参加することが出来ました。

ここ最近はドームやホール規模の会場のLIVEに参加することが続いていたので、ライブハウスに行くのも楽しみにしていました。

 

01. The Revelation

1曲目からモッシュ&ダイブの嵐。

会場はドームやホール規模のLIVEとは全く違った熱気に包まれました。

02. Time Bomb

03. Rescue Me

音が途切れること無く3曲目へ。

『Rescue Me』はcoldrainに興味を持つ切っ掛けとなった曲なので、序盤で聴けてテンションがかなり上がりました。

 

Masato「OSAKA!! Are You Ready??? 手貸してくれ!!」

 

04. Behind the Curtain

ハンドクラップから4曲目へ。

05. Persona

06. Given Up On You

拡声器で『GIVEN UP ON YOU』を歌い上げてようやくMCへ。

 

Masato「関西の人は頭が振れるんですか?coldrain5人しかいません。お前ら800人います。でも負ける気がしません!」

 

07. Die tomorrow

08. Inside Of Me

 

Masato「今日エムオン(MUSIC ON! TV)の撮影が入ってます。このツアーで今日だけです!」

 

09. Miss you

10. Next To You

Masato「少し古い曲演ります。」

というMCから『Miss you』へ。

 

11. Never Look Away

12. 24-7

13. Six Feet Under

ハードな曲が続いてMCへ。

 

RxYxO「大阪でのMCは、名古屋人としては相当なプレッシャーです(笑)」

と言ってましたが...

RxYxO「大阪会いたかったです!! 会いたかった〜♪ 会いたかった〜♪」

と何故かAKB48の楽曲を歌うシーンもありました(笑)

 

そして漫談みたいな流れになり...

Masato「RxYxOくんのことは嫌いになっても、coldrainのことは嫌いにならないで下さい!!」

RxYxO「それはヤバくないか??笑」

とのやりとりに対して

観客「炎上するぞー!!炎上!!」

と盛り上がってました(笑)

 

14. Confession

音源とは違って前半はギターのクリーントーンのみ。

全体的にシンプルなアレンジになってました。

 

15. The War Is On

サビの「The war is on」、サビ前の「We will not die young」でオーディエンスは大合唱。

 

16. No Escape

イントロは音源と同じ始まり方。

CDで聴いたとき異常にこのイントロがかっこ良く感じました。

この曲が今日一番の盛り上がりだった記憶があります。

 

17. Voiceless

18. The Maze

19. To Be Alive

Masatoの「wake up, wake up!」の煽りから『Voiceless』へ。

そして『The Enemy Inside』から二曲連続で披露。

『To Be Alive』の盛り上がりも凄まじかったです。

 

〜アンコール〜

 

Masato「今まで大阪でソールドアウトする事が簡単ではありませんでした。そして6年たって、ついにBIG CATまでくることが出来ました。ありがとうございます!! 大阪どこまでいけるかな。ハッチ、Zepp....え?大阪城?笑 ホールは客と遠いからあんまり夢がないんだよね(笑)」

 

そして何故かまたまたAKB48の『会いたかった』を歌ってアンコール1曲目へ。

 

20. Carry On

21. Adrenaline

22. The Revelation

23. Final Destination

アンコールも素晴らしい構成で、1曲目に披露した『The Revelation』を再び演奏するというサービスも。

ラストはキラーチューン『Final Destination』で終了。

曲が終わってもメンバーはすぐに舞台を後にせず、ピックを投げたりファンと握手したりでファンサービスも素晴らしかったです。

 

【SET LIST】

01. The Revelation

02. Time Bomb

03. Rescue Me

04. Behind the Curtain

05. Persona

06. Given Up On You

07. Die tomorrow

08. Inside Of Me

09. Miss you

10. Next To You

11. Never Look Away

12. 24-7

13. Six Feet Under

14. Confession

15. The War Is On

16. No Escape

17. Voiceless

18. The Maze

19. To Be Alive

〜アンコール〜

20. Carry On

21. Adrenaline

22. The Revelation

23. Final Destination

 

まとめ

ここまで激しいLIVEはかなり久々でしたが、音に合わせて身体をぶつけ合ったり頭を振ったりするのもやっぱりいいですね。

LIVEから二日間は首の痛みが収まりませんでした(笑)

これほどまでの演奏力、パフォーマンス、楽曲を持っているバンドが「チケットを売り切るのが難しい」と語っているのが信じられませんでしたが、それと同時に今後の飛躍に期待したくなりました。


coldrain - The War Is On (OFFICIAL VIDEO) - YouTube

「生で聴いて楽曲がより好きになる」という当たり前の感覚が今回は特に強くて、LIVE前以上に彼らの楽曲を聞き込むようになりました。

 

 

SHIBUYA-AXでのLIVEですが、写真付きのレポートはこちらへ。