読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

2013/09/01 B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER- @ナゴヤドーム

f:id:gt0824:20130901163406j:plain

2013年09月01日

ナゴヤドームで行われた『B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-』のレポートです。

※ネタバレあり!!

 

 

一年半ぶりのB'zのライブ。

前回参加したのは2011年のC'monツアーでした。

ナゴヤドームは今回が初めて。

自分は大阪住まいですが、観光も兼ねて名古屋公演も参加することにしました。

名古屋公演は一般でチケットを取ったのですが...座席はまさかの5階席。

ステージからはなかなかの距離がありましたが、ほぼ正面だったので見やすい位置ではありました。

 

開演時間ギリギリに入場。

BGMとともにステージ上の鉄柱が移動し、『XXV』の形に変形。

鉄柱が炎に包まれ、メンバーがステージに登場。

壮大なオープニングでした。

 

01. 新曲

1曲目はまさかの新曲。

20周年のときのような演出を期待してたので、ちょっと意外でした。

新曲はヘヴィなサウンドで、イメージ的には『guilty』を少し重くした感じかな?

サビの最後に『SUMMER』と言ってたのは覚えてます。

意外すぎる1曲目で驚きました。

 

02. ZERO

日替わり曲。(名古屋二日目 : BLOWIN')

シェーンのドラム&増田さんのキーボードから2曲目の『ZERO』へ。

途中のラップはほぼ全てファン任せにしてました(笑)

ラストは松本さんのドリルプレイ。

 

稲葉さん「B'zの...!」

松本さん「...んんっ...!」

 

と松本さんがなぜか咳払い。

このやりとりが三回ぐらい続くと、松本さんが稲葉さんを手招き。

 

稲葉さん「引きますか。」

 

と、稲葉さんが松本さんの手から出てる紐を引く。

すると「B'zのLIVE-GYMにようこそ」と書かれた旗が手品のように出現。

 

稲葉さん「B'zのLIVE-GYMにようこそー!!」

 

03. Pleasure2013 ~人生の快楽~

20周年では最後に演奏されてましたが、今回は3曲目に披露。

イントロとともに花道を走る二人の姿は何度見てもいいものです。

二番の歌詞が変更されたましたが...もちろん覚えてません。笑

音源化が楽しみですね。

 

04. LADY NAVIGATION

稲葉さんの『N・A・V・I』から四曲目へ。

生では初めて聴く楽曲。

ヘビーなアレンジの『LADY NAVIGATION』もカッコ良かったです。

今思えば『LADY NAVIGATION』の2nd beatが『Pleasure'91 ~人生の快楽~』でしたよねー。連続してこの二曲を演ったのには意味があったのかもしれません。

  

05. 太陽のKomachi Anjel

日替わり曲。(名古屋二日目 : 恋心 (KOI-GOKORO))

ドーム規模での『恋心 (KOI-GOKORO)』の景色も見てみたかったです。

稲葉さんの手拍子の煽りから曲に入っていく流れを見て、渚園のDVDを思い出したり。

ラストの「プッシュ!プッシュ!」は相変わらずの絶好調でした(笑)

 

稲葉さん「こんばんは名古屋!調子はどうですかー?今日は最高の夜を過ごしたいと思います。一緒に燃え上がりましょう!!」

 

06. ねがい

増田さんのソロと稲葉さんのファルセットの掛け合いから『ねがい』のイントロへ。

「赤から黄色 白から黒へ」の歌詞とともに照明の色も変化してたのが印象的でした。

 

07. さよならなんかは言わせない

日替わり曲。(名古屋一日目 : TIME、名古屋二日目 : もう一度キスしたかった

まさかこの曲が聴けるとは。

5年前のACTIONツアーで聴いてから大好きになった曲なので、個人的には嬉しい選曲でした。

この曲から松本さんがTAK DCからレスポールへチェンジ。

ピックガード付きのチェリーサンバーストだったと思います。

 

08. ALONE

この曲も日替わり。(名古屋一日目 : OCEAN、名古屋二日目 : GOLD)

ギターソロは勿論ですが、ラストのコーラスが素晴らしかったです。

 

09. C'mon

20年近く前の曲が7曲続きましたが、9曲目は2012年の楽曲。

この曲も意外でしたね。ポスト『Brotherhood』になるのでしょうか?

サビ前の照明が印象的でした。

 

〜TAK'S SOLO〜

松本さんのソロコーナー。

ギターはTAK DC KORINA。

レーザーの演出やスクリーンの映像が凝ってました。

曲調は『華』『恋歌』のような和テイストの雰囲気の楽曲でした。

雨の映像や音の演出がありましたが...日産ではリアルな雨の演出があるかもしれませんね!笑

 

10. 核心

松本さんのソロから『核心』へ。

25周年ベストの新曲からは、曲調的に『HEAT』と『Q & A』のみの披露かなと思ってたので、少し意外に感じました。

生で聴いてやっぱりLIVE向けの楽曲ではないなと感じました。好きな曲ですけどね。

 

ここから長めのMC。

 

稲葉さん「まだまだ夏真っ盛りですが、夏といえば何を思い出しますか??」

 

という問いかけに対して、4万人が一斉に答えると....

 

稲葉さん「花火?...ん?......何言ってるか全然わからない(笑)  夏といえば、キャンプファイヤーですね!ということで、今日はキャンプファイヤーセットを持ってきました。」

 

どうみても井戸です。はい。

 

稲葉さん「この先人気が出たら販売するかもしれません。」

 

と言って稲葉さんがキャンプファイヤーに日を灯す。

 

稲葉さん「火がつくと同時にファイヤーって言って下さいね!バカみたいでしょ!笑」

 

そしてバンドメンバー紹介へ。

 

稲葉さん「えー、バリー・スパークス!」

バリー「テバサキ、オイシイ!」

 

どうやらバリーは昨日の晩ご飯に手羽先を食べたそうです。

 

稲葉さん「えー、手羽先ですね。....手羽先じゃない!バリーですね(笑)」

 

稲葉さん「続いて...大賀好修!」

大賀さん「こんばんは!」

稲葉さん「昨日は何食べましたか?」

大賀さん「バリーとは違うところですが、僕も手羽先を食べました(笑)」

 

稲葉さん「そして、シェーン・ガラース!」

シェーン「コンバンハー?」

稲葉さん「昨日の夜は、ナニヲ、タベマシタカ??」

 

何故か片言の稲葉さん。

 

シェーン「オベントウをタベマシタ。ナットウ、ミソシル、ゲンマイ...」

 

稲葉さん「続いて、増田隆宣!」

増田さん「オイッス!」「昨日はあんかけスパゲティを食べたかったのですが、中華を食べました。」

 

稲葉さん「そして、ギター松本孝弘!」

 

ゆっくりサングラスをとってウィンクする松本さん。

 

稲葉さん「昨日は何を食べましたか?」

松本さん「...別に。ちょっとだけ。」

稲葉さん「名古屋は好きですか?」

松本さん「どえりゃあ好き!」

 

松本さんの謎のキャラに会場は大爆笑でした。

 

稲葉さん「僕は昨日ウナギを食べました。最近料金が高くなったので、じっくり味わって食べました。」

 

11. あいかわらずなボクら

稲葉さん「25周年に相応しいあの曲、やりますか。」

松本さん「あれ、やっちゃいますか!」

25周年にふさわしい曲?何??グローリーデイズ?デビュー曲??

と考えてたらスクリーンにカラオケ形式で「1991年リリース あいかわらずのボクら」の文字が!

『B'z PARTY20周年記念DVD』で少しだけ映像化(2007年のSHOWCASE)されてて、あの映像を見てからいつか生で聴いてみたいなとずっと思ってた曲でした。

最初の「いままっで〜♪」を松本さんが歌うと同時に会場はどよめきに。

サポートメンバーも順番に歌唱し、途中には各メンバーのソロパートもありました。

バリーの指弾きが凄まじかったです(笑)

最後はもちろん松本さんのくしゃみで終了。

スクリーンにはカラオケ風に「消費カロリー 25th kcal」の文字が。 

 

12. 愛のバクダン

稲葉さんのブルースハープソロ(なぜか赤とんぼを演奏)、シェーンのドラムソロから『愛のバクダン』へ。

曲の始まりとともにステージ上から巨大飛行船が登場。

飛行船には歴代のツアーロゴがペイントされてました。

曲のアレンジはiTunesで配信された『Love Bomb』っぽい感じでした。

 

13. イチブトゼンブ

イントロとともに大歓声。

一週間ほど前に、関西地区でドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』が再放送されてたのですが、改めてドラマを見て思ったのが、やっぱりこの曲はイントロが印象的ですよね。

自分が参加したLIVEでは三回連続で演奏されてますが、会場の雰囲気やメンバーのテンションを見てるとなかなか飽きない楽曲です。

 

14. LOVE PHANTOM

お決まりのレーザービーム。

照明の演出も凝ってました。

アレンジはこの前のMステとほぼ同じでした。

 

15. Q & A

「我が心・・・」というナレーション?が流れて『Q & A』のイントロへ。

CD音源よりも壮大なイントロにアレンジされてました。

ステージには忍者や侍がMVのようなパフォーマンス。

5階席から見てると何をやってるのか全くわかりませんでした(笑)

スクリーンは侍を映したりメンバーを映したりで忙しそうでしたし。

演出はイマイチよく見えませんでしたが、演奏は凄くよかったです。

 

16. NATIVE DANCE

バリーのベースソロから『NATIVE DANCE』へ。

25周年LIVEにしては少し意外な選曲だなーと思いました。

20周年でも披露されてたので、Pleasureツアーの定番曲になったりするのかな?

もしかしてもうなってる...?笑

 

17. さまよえる蒼い弾丸

6曲目の日替わり曲。(札幌ドーム : 裸足の女神

『Into Free -Dangan-』のイントロではなく、シェーンのドラムからのスタートでした。

C'monツアーとほぼ同じアレンジだったかな。

 

18. ギリギリchop

2006年の『MONSTER'S GARAGE』っぽいセッションから松本さんと大賀さんのギターの掛け合い。

タオルをぶん回す演出も健在。

今回は短パンにはなりませんでしたが(笑)

『be with! vol.98』で「還暦になったらやりましょう!」って言ってましたもんね。

 

曲が終わるとPleasureツアーについての長めのMC。

 

稲葉さん「Pleasureツアーは前回から5年がたちました。この5年間で色々なことがあったと思います。辛いこともいろいろあったと思いますが、今日この2013年のPleasureツアーでまた笑顔で会えたって素敵なことだと思いませんか? 僕はそう思います。」「みなさんが僕達のモチベーションです。そのモチベーションがあったから、僕達もこれだけ長くやってこれたんでしょうね。」

 

そして、ツアータイトルの意味を語る稲葉さん。

 

稲葉さん「ツアーが終わると燃え尽きた感じになってしまうと思うんですけど、僕たちは火がついて燃え上がって、燃え尽きてお終いにしてしまうのではなく、火が小さくなってしまっても、その火をまたどこか次の場所に持っていけたらいいなと思ってます。」

 

(ざっくりまとめましたが、もっと長くて丁寧なMCでした。笑)

 

稲葉さん「25年前、自分のバンド作りたいなと、この人が思わなかったら、B'zは誕生しませんでした。オンギター TAK MATSUMOTO!」

 

19. RUN

松本さんのギターソロから『RUN』へ。

イントロとともに客席に銀テープが放たれる。もちろん5階席には届きません(笑)

Pleasureといったらこの曲ですよね。

「生きるならー!!」のエコーが強かったのが印象的でした。

 

〜アンコール〜 

 

20. Juice

2番のAメロで歌詞をすっぽかす稲葉さん。

ギターソロ後の掛け合いは「ヨーーヨッヨッヨッヨッ!」と何故かレゲエ調?に。

 

21. ultra soul

音が途切れないまま最後の『ultra soul』へ。

アンコールの二曲は定番曲を揃えてきましたね。

京セラドーム大阪はジャンプ禁止なので、思う存分に「ウルトラソウッ\ハイッ/」でジャンプしておきました(笑)

ラストは3、4回爆発があって終了!

 

稲葉さん「名古屋ベイベー!最高に気持よかったです、どうもありがとうー!せーの\オツカレー!/」

 

【SET LIST】

01. 新曲

02. ZERO

03. Pleasure2013 ~人生の快楽~

04. LADY NAVIGATION

05. 太陽のKomachi Anjel

06. ねがい

07. さよならなんかは言わせない

08. ALONE

09. C'mon

〜TAK'S SOLO〜

10. 核心

11. あいかわらずなボクら

12. 愛のバクダン

13. イチブトゼンブ

14. LOVE PHANTOM

15. Q & A

16. NATIVE DANCE

17. さまよえる蒼い弾丸

18. ギリギリchop

19. RUN

〜アンコール〜 

20. Juice

21. ultra soul

 

 

【まとめ】

まずはセットリストから。

Pleasureツアーなのでシングル中心のセットリストになるのは当然ですが、振り返ってみると初期や90年代の楽曲が多いですね。

それよりも意外だったのは1曲目が新曲だったこと。

オープニングの壮大さや照明の演出はよかっただけに、少し"きょとん"としてしまいました。

レア曲が少なかったり、定番曲が多すぎるのはドーム公演だから仕方ないのかなと思ってホール公演のセトリを見てみると...なんですかこのセットリストは!!

聞きたい曲だけでも『F・E・A・R』『銀の翼で翔べ』『夢見が丘』『ハピネス』『Survive』『月光』『The Wild Wind』『デッドエンド』『パーフェクトライフ』『OH! GIRL』『BAD COMMUNICATION』などなど...

なぜホール公演に行かなかったのだろう...後悔しかありません...泣

せめて2、3曲はドームのセットリストにも残して欲しかったなと。

 

セトリは仕方ないとして...演出やステージセットについても振り返ってみます。

今回は少し地味だったかな...?

MAGIC・C'monツアーであったフライングステージはなかったし、20周年のときのようなアニバーサリー感やお祭り感もあまり感じなかったし、15周年の時のような目玉演出やセンターステージはありませんでしたし。

今回は開演前に過去の映像が流れてたみたいですね。

その映像が20周年の時のように使われたらアニバーサリー感も出たのかもしれません。

地味だとは言っても、照明の演出は今までに見たことないほど凄かったし、オープニングの演出にも興奮してたんですけどね。

よく言えばシンプルでいいステージでした。

 

まとめると......GLORY DAYS最高!です。笑(20周年ツアーのことね)

 

次に参加するのは15日の京セラドーム大阪。

日産スタジアムには参加できませんが、どのようなセットリスト・演出になるのか楽しみです。映像化も楽しみですね。

 

最後にB'z関連のTwitterを貼り付けておきます。この日の公演には『SPYAIR』のメンバーも来てたみたいですね。