音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

My BEST ALBUM 2012

2012年は50枚のCDを購入しました。

去年と比べると40枚ほど減ってしまいました。

その中から個人的に印象に残った5枚の作品を選んでみました。

今回も2012年に発売された作品のみから選んでます。

 

 

Green Day - ¡Uno!

ウノ!

ウノ!

三部作の第一段目。

『American Idiot』『21st Century Breakdown』のような壮大なコンセプトアルバムとは違って、今作は初期の雰囲気が漂うノリ重視のアルバム。

Green Dayには珍しいダンスナンバーも収録されています。

三部作とも素晴らしいアルバムでしたが、一枚だけ選ぶとしたらこの作品です。

 

 

● Superfly - Force

Force(初回限定盤)

Force(初回限定盤)

Superfly4枚目のアルバム。

冒頭の三曲が「Superfly史上、最強のロックアルバム誕生!」というキャッチコピー通りのSuperflyらしいロックナンバーで、一気に惹きこまれました。

初回限定盤にはアルバム全曲を完全再現したLIVE音源が収録されたCDが付いてきましたが、これが本当によかったです。

越智さんも「『Force』はLIVE盤が完成版」とインタビューで答えていたので、是非LIVE盤も聞いて欲しいです。

 

 

Led Zeppelin - Celebration Day

2007年にロンドン・O2アリーナで行われた一夜限りの再結成LIVEの音源。

一曲目がデビューアルバムのオープニング『Good Times Bad Times』という衝撃的なオープニング。

自分の記憶が正しければ、過去にこの曲をライブでやったことは殆どなかったような...。年齢による衰えは感じるものの、このグルーヴ感はまぎれもなくLed Zeppelinです。

この作品を見て以来、すっかり『For Your Life』にハマってしまいました。

 

 

● SLASH - Apocalyptic Love

アポカリプティック・ラヴ~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)

アポカリプティック・ラヴ~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)

元Guns N' Rosesのギタリストであるスラッシュのソロプロジェクト第二作目。

スラッシュらしいグルーヴ感のあるハードなロックンロールで、前作『SLASH』よりもまとまりがあって素晴らしい一枚だと思います。

ただ、Myles Kennedyのボーカルは上手いんだけれども、インパクトが少ない。

器用で素晴らしいボーカルだと思うが、Myles KennedyのボーカルはAlter Bridgeの方が生かせてると思います。

次回作はどのような形でリリースされるのか気になります。

 

 

Ken Yokoyama - Best Wishes

Best Wishes

Best Wishes

2012年はHi-STANDARDにハマった一年でした。

リアルタイムで聴いてたファンからしたら今更って感じですね(笑)

最近購入したのでまだ聞き込めていないのですが、一周聴いた時からKenさんの音楽に惹かれました。

震災の影響を受けてる楽曲が殆どなので、歌詞にも注目して聞いて欲しい一枚です。

 

 

以上です。

今年は1月早々気になる新譜が沢山あるので今から楽しみにしています。