読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽的でテクノロジー的なブログ

音楽とテクノロジーを愛する、エンジニア1年生なブログ。

2011/12/18 B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- @京セラドーム大阪

2011年12月18日

京セラドーム大阪で行われた『B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-』のレポートです。

 

 

 

座席はアリーナCブロック。

1時間前に入場すると、『C'mon TV』という番組の映像が流れていました。 

松本さんのグラミー受賞の映像コンテンツに加えて、芸人のパペットマペットさんによるB'zネタのショートコントや、「C'mon」と「公文式」を掛けたもの、水戸黄門の「家紋」と「C'mon」をかけた映像などのネタ系のコンテンツも流れていたため、会場が笑いに包まれるシーンもありました。

 

オープニングは『3Dプロジェクションマッピング』という演出で始まり、その巨大スクリーンが左右に割れてB'zとバンドメンバーが登場。

 

B'zの二人は空中に浮いたX字型のステージ上でパフォーマンス。

  

【SET LIST】 

01. さよなら傷だらけの日々よ 

02. さまよえる蒼い弾丸 

03. Don't Wanna Lie 

04. ピルグリム 

05. BE THERE 

06. Homebound 

07. ボス 

08. 命名 

09. DAREKA 

10. SPLASH!(English ver.) 

11. Brotherhood 

12. #1090 

13. BLOWIN' 

14. イチブトゼンブ 

15. 裸足の女神 

16. Liar! Liar! 

17. ZERO 

18. DIVE 

19. ザ・マイスター 

20. C'mon 

-アンコール- 

21. いつかのメリークリスマス 

22. ultra soul 

23. Calling

 

 

【01. さよなら傷だらけの日々よ

予想はしていましたが、一曲目はやはり『さよなら傷だらけの日々よ』でした。

圧倒的なサウンドに鳥肌が立ちました。 

松本さんのギターは新色のDouble Cutaway。

先日Epiphoneから発表されたCherryの青Ver.みたいな感じ。 

キャビネットはMarshallでした。

  

【02. さまよえる蒼い弾丸

生では初めて聴きました。

北米ツアーでは英語Verでしたが、今回は日本語でした。 

アレンジは『Dangan』っぽい感じ。 

原曲よりもハードなアレンジでとてもかっこよかった。

この曲から松本さんのギターはCustom Ebonyでした。 <em></em>

『B'zのLIVE-GYMにようこそ!』の演出は、稲葉さんが箱の中から取り出したボールに『B'zのLIVE-GYMにようこそ!』が書かれていて、そのボールが出るまでボールを取り出すというものでした。 

『ハズレ』のボールもありました(笑)

 

【03. Don't Wanna Lie】

この曲はやっぱり生がカッコイイ。

リズム隊が最高。

  

【04. ピルグリム】

イントロのフレーズは松本さんと大賀さんのユニゾンでした。 

ギターソロも完璧に息のあったユニゾンで最高でした。 

 

【05. BE THERE】

まさかこの曲を生で聴けるとは。

ファンの歓声も凄かったです。

 

【06. Homebound】

増田さんのソロからのHomebound。 

松本さんのギターはKorinaにチェンジ。 

 

【07. ボス】

Rainbowの『Man On The Silver Mountain』風のボスのアウトロをメインにJam Sessionからの『ボス』。 

 

【08. 命名】

じーっと聴きこんでました。

ギターソロ大好き。 

 

【09. DAREKA】

MCでアリーナ最前列から順番に手拍子をするというコーナー。 

スタンド最後列で手拍子の波がぶつかって、その手拍子にあわせて松本さんがDAREKAのフレーズを演奏。 

曲の最後の「だれかああああ!」のとこで稲葉さんがステージの下に吸い込まれて行きました(笑) 

そして、前回のMAGICツアーでお馴染みの井戸と共に稲葉さん登場。 

松本さんは黄金の井戸とともに登場。

井戸の色に合わせてギターもGold Topに変わっていました(笑) 

 

【10. SPLASH!(English ver.)】

ファンからの評価が高かった『SPLASH!』の英語バージョン。

個人的にも英語バージョンのほうが好きです。

 

【11. Brotherhood】

数あるB'zの曲の中でも大好きな曲。 

生で聞けてよかったです。  

最後は稲葉さんのロングシャウト。 

 

【12. #1090】

メンバー紹介からのJam Session。 

Jamの途中では、松本さんの代表曲『#1090』も演奏。

松本さんのギターはこのセッションから青色のDCでした(多分)。

 

【13. BLOWIN'】

この曲からAin't No Magicでも好評だったフライングステージ。

会場がかなり盛り上がりました。

 

【14. イチブトゼンブ】

イントロが流れた瞬間に大歓声。 

この曲はライブで盛り上がりますね。

これからはLIVE-GYMの定番曲へとなっていくのでしょうか。 

 

【15. 裸足の女神

この曲も大賀さんと松本さんのユニゾンがよかった。 

フライングステージは元の場所へ戻って行きました。 

 

【16. Liar! Liar!】 

イントロと同時に炎が舞い上がりました。

この曲はLIVE化けしますね。

もともと好きな曲だったけど、生で聞いてさらに好きになりました。 

ギターはCherry。 

  

【17. ZERO】

シングル曲が多いなと思いつつも終始盛り上がってました。 

稲葉さんの動きが...!!

後半はGLORY DAYSの時みたいに松本さんがドリルで会場を盛り上げてました。 

ギターはCustom Ebonyにチェンジ。 

  

【18. DIVE】

『ZERO』のテンションをそのままに『DIVE』へ。

Liar! Liar!~DIVEの盛り上がりはすごかったです。 

  

【19. ザ・マイスター】

この曲は初めて聞いた時からLIVE向けだろうなーと誰もが思ったはず。 

5万人で「うぉーおーおー!」の大合唱。

最後には特効もありました。 

 

【20. C'mon】 

曲の前に、東北大震災のことや楽曲『C'mon』の製作エピソードのMC。 

松本さんがサビのメロディーを奏でたあとに、大賀さんのアコギで曲が始まる。 

曲前のMCの流れもあったので、盛り上がると言うよりは聞き入ってました。 

曲の最後には紙テープが飛び出しました。

 

~アンコール~ 

 

【21. いつかのメリークリスマス】 

スクリーンに雪の映像が流れたので「もしかして...?」と思ったら鈴の音&オルゴールの音で会場が大歓声。 

この日一番の歓声だったと思います。

LIVEで披露されることが少ない楽曲なので、聞けてよかったです。 

 

【22. ultra soul

やっぱり歌ってくれました。

京セラドームはジャンプ禁止だけど何人かはジャンプしてましたね...。

またこの曲か......と思っても何だかんだで盛り上がっちゃう不思議な曲。

 

【23. Calling】 

大好きな曲なのにイントロのリフでは何故かこの曲とは気付きませんでした(笑) 

まさかこの曲が聴けるとは思ってなかったので、生で聞けて本当によかったです。

個人的には『Calling』がベストアクト。

最後は大特効で終わりました。 

 

 

規制退場のアナウンスでは、『ALONEのAブロック!』『B'zのBブロック!』『C'monのCブロック!』というプチ演出があって面白かったです(笑)  

 

 

【まとめ】

今年参加したLIVEの中で、比べるまでもなくこのLIVEが一番よかったです。 

オープニングの『3Dプロジェクションマッピング』や『フライングステージ』などの演出は勿論、B'zとサポートメンバーが生み出すサウンド、パフォーマンスは圧倒的でした。 

 

B'zのLIVEに参加するたびに「今までで参加してきた全てのLIVEの中で一番最高のLIVEだったな!」と毎回思えるのは凄いことだと思う。 

 

また次のB'zのLIVEも楽しみです。

 

 

 

P.S. 

細かいことを言うと、セットリストにシングル曲が多い。

ACTIONツアーのときみたいにレアな曲がもう少し欲しかったです。

アリーナツアーでは『ひとしずくのアナタ』も演奏されていたそうで...。 

聞けた人羨ましいです。

『デッドエンド』は演奏されませんでした。

アルバム『C'mon』の中で一番聞きたい曲でした。 

 

あとTAK DCの新色の詳細も気になるので、Playerやギター・マガジンのツアーレポートが楽しみです。